*All archives* |  *Admin*

2017/07
≪06  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   08≫
夏季休暇中盤
8月に入って
息子が一人暮らしを始めようとしていることを聞き
間もなく
東京下町の賃貸物件を見に行く事を聞き

気に入ったらしく
契約して
夏休みに引っ越すという
物凄いスピードで独り立ちして行きました

学生時代から一人暮らしをしたい願望があり
経済的理由で今まで延び延びになっていたので
本人にとっては待ちに待った事だったのでしょう

お盆に引っ越しというのに抵抗があったので
事前の良い日にちょっとした荷物を持ち込んで
段取りしました

13日
夫Tと私は
館林へ8時過ぎに出発 
暑くて有名な館林ですが
この日は曇り空で
お墓参りには有り難い日でした

息子は引っ越しの残り荷物を運び
夕方私が帰宅した時には
荷物は全部無くなり
スッキリしたような
寂しいような
息子の独立が嬉しいような

その時
息子からのライン

『ごめん、部屋を片付ける余裕がなかった』

いいでしょう!
元々、後片付けする気があったか無かったか知らないけれど
ごめん、と言われちゃ
許しちゃいますよ