*All archives* |  *Admin*

2017/06
≪05  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   07≫
バタバタ 四十九日
義母の四十九日でした
法要は11時からだったので余裕をもって
7時半に自宅を出て、娘を乗せて向かいました

普段は一時間半から二時間で着くはずなのに
高速で事故渋滞が二件もあって車が進まなくて
ハラハラドキドキ!!

結果、ぎりぎりセーフで
何とか15分前に到着して
ホッと一息

息子は東京から電車で来る予定になっていたのに・・・・来ていない
電話がきて・・・乗り過ごしてしまったとのこと 
最寄りの駅まで戻ってタクシーに乗れば
駅からお寺までは10分位で着くはず・・・なのに

ローカル線で戻りの電車がなかなか来ないことを考慮しても・・・遅い
四十九日の法要も終わり
皆でお墓参りの時間になっても・・・着かない

タクシーが隣の町のお寺と間違えて行ってしまい
途中で気付いて向かっているらしい
・・・・・が、結局
タクシーの運転手に電話口に出てもらって
直接食事するお店に向かうようお願いした

息子は四十九日の食事だけしに来たみたいになってしまった

タクシーの運転手さんは
『駅から一番近い同名お寺の事がなぜ最初に思い浮かばなかったのか!?』
自己反省、恐縮しきりだったらしい

黒の礼服を着た息子をお寺ではなく
食事するお店に行き先変更になった時には
申し訳ない気持ちがマックス状態だったらしい

そんな自己嫌悪に陥っている運転手さんに
「お寺の住所や電話番号を知らなかったのは自分の不手際だった」
「そもそも遅刻をしていたのは自分だから、気にしないでください」
と、息子は言っていたらしい
うん、優しいね

きっと、おばあちゃんも
天国から微笑ましく見てくれていたんじゃないかな!?

実際、息子には
駅で降りそこなうなんて 
と、突っ込みどころ満載だけど
その時点の本人のやっちまったドキドキ感は
手に取るように分かるもんね

今日の所は・・・
お疲れさま~

≪追伸≫
タクシーの料金は間違えが発覚した時点でメーターをストップしてくれていたらしい
同名のお寺が近くの駅にあったとは知らなかった!と夫Tも反省