*All archives* |  *Admin*

2017/11
≪10  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   12≫
ブラックコントのような夢
夢を見ても殆ど覚えていないのが常だけど
先日の夢は不思議なくらい覚えているので
書き留めておきます 


老人ホームのような場所に
訪問した私は

『Aさんが
今夜亡くなる事になっていて
すでに薬は打たれている』
と、聞かされた

Aさんは
90歳位のおばあさま
不治の病で
安楽死が決行される日だった

Aさんと楽しくおしゃべりする私
眠くなったと言うAさんを
お部屋まで送って行く途中で
気を失うように亡くなったが
その予定になっている事を
聞いていた私は怯えることなく
抱っこして布団まで運ぶ

布団の周りに集まった人達と一緒に
白装束に着替えさせ始める

白い着物は着せずに
身体の上に覆いかぶせ
額に白い△の布をのせ

Aさんの好きだったお菓子の袋を
脇の下辺りに挟むように置いていると

突然Aさんの右手が動き
白い着物を掴もうとしている

『えっ!』
『死んでないの?』
『嘘でしょ!?』
その場にいた人たちの心の中の叫び

平静を装って
『Aさん起きたの~!?』
なんて話掛けながら

白い着物や
オデコの△の布を
急いで引っ張り片付ける

で、
目が覚めました

少しボヤけた状態で反省

お医者さんに
死亡を確認してもらうのが
先だった~

何で
こんな夢を見たのかな・・・???