*All archives* |  *Admin*

2017/06
≪05  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   07≫
騒がしい男たち
五十代半ばを過ぎた男性は
夫Tも含め騒がしくなる。

夫Tの場合、朝の歯磨き時には
「カーッ!!」だの「ガーッ」だの
若いときには絶対発してなかった声が聞こえてくるし
その後、大袈裟に「ハァーハァー」言いながら歩いてくるので
思わず歯磨き如きで、どんだけ疲れてんのよ~
と突っ込みたくなります。


先日目撃、いや聴撃した男性の話です。
貯血を終え休んでいる男性の顔は見えなかったけれど
カーテン越しの声で55歳だと判明しました。(夫Tと同じ

この方、400ccの採血をしたので
水分を摂りながら30分ほどベッドの上に
いなくてはいけないらしいのですが

私がいた10分の間に
「ふぁ~~ あ~あ」と退屈そうな声を出すこと2回。
水を飲んでは「ぷはぁ~ゲフッ」と下品な声をあげること3回。

独り言というか
自分自身の効果音というか

こういう騒がしい人、中年男性に多い気がします。
これ、1つのオヤジ化現象ですかね。
全く色気ないですよね。

同じ五十代でもオシャレ心や恥じらい心を持った人は
人前で出さない声かも知れません。
男も女も、いつまでも上品な色気は持っていたい・・・なあ。