*All archives* |  *Admin*

2017/07
≪06  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   08≫
2012.4.7.   ③
7日は土曜日。
娘は午後から習い事と
友達のネイル1級試験のモデルとしての用事があったので
連日の疲れもあるだろうから午前中は寝ていなさい。
お見舞いは息子と二人で行くから、と予定していました。

家事をしていると
10時頃、病院からの電話でした。
一瞬、嫌な考えが頭をよぎったのですが

「ご主人の様子がとても良いんです。
ご家族の方に会いたいとか
会社の人に連絡を取りたいとおっしゃっているので
出来るだけ早くいらしてください」

うそ~っ!!
昨日の今日で・・・あまりの違い
家族のこととか
会社の事とか
言えているって・・・・スゴ過ぎる~~

子どもたちに知らせると
家の中が一気に動き出しました。
娘の習い事も少し遅刻したっていいじゃん。
3人で病院に行こう~~

昨夜、心配させてしまった親族にも
病院からの嬉しい連絡を報告して出発しました。

お昼前に病院に到着。
トントン!
病室のドアを開けると夫Tは
ベットの上で胡坐をかいて
病院のパンフレットを見ていました。
私たちに気付いて
こちらを見て 「ああ

『お父さん、とても体調が良さそうじゃん』

「うん、いいよ」

いやいやいや、何なんだあ。
全く、いつもの感じだよ。

昨日の様子を見ていて
心配がMAXになっていただろう娘は
嬉しさと安堵で
感極まって泣き出してしましました。

「良かったね、良かったね」と娘の肩を擦りながら
そんな娘を見て泣けました。

家族4人でしばらく話をして
子どもたちは病室をあとにしました。

夕方、ナースステーション近くの一人部屋から
ナースステーションから一番遠い4人部屋に移動。

会う看護師、皆に
昨日からの回復ぶりに喜びと驚きの言葉を掛けられました。
これって・・・奇跡!?
皆の祈りのお陰なのかな

とても嬉しい事だけれど
この日の夫Tの様子をみていると
拍子抜けというか
昨日の大騒ぎは何だったの!?って感じ。

担当の看護士さんに
『私が一人で大騒ぎして
 親戚に連絡して
 人騒がせな人みたいに思えてくる』と言うと

「昨日の様子は私も見て知っていますから。
 人騒がせではないこと保証しますよ」
と笑っていました。


担当医は土日休みなので
詳細、これからの事は
週明けにお話があるとのこと。


あ~~!!
でも、ホントに

良かった~~!!